メリット1.証(体質)に合わせた漢方薬の利用で体質改善ができます。

 

中医学漢方の最大のメリットは、体質的なトラブルを根本から改善できる点です。

人それぞれに違うトラブルの根本的な改善が、お一人ずつのオーダーメイド漢方で対応する事ができます。

 

体質が改善してくると血液や体力が向上、新陳代謝がよくなり汗をかけるようになります。

冷えやむくみの解消につながります。

頭痛や生理痛などが解消します。

子宮内膜が厚くなり生理の量の増加につながります。

月経周期日数が安定して二層がはっきりしてきます。

排卵誘発剤を使わなくても、質の良い卵子を育てられるようになります。

 

漢方服用による継続的な体質改善ができれば、病院の不妊治療の成功率も同時に向上してきます。

FSHやAMHなどの検査数値も改善の対象です。

 

また、漢方の相談は女性だけに限らず、男性でも同じように不妊の要因があれば改善が可能です。

男性の場合、中々普段検査の機会はありませんが、たとえば精子の運動率や量が低い・少ない。

これもやはり普段の体調が影響します。

適切な改善がなされれば、一ヶ月程度の服用でも運動率が20%ほど向上するような話はよくお聞きします。

 


メリット2.漢方薬は実はリーズナブルです

 

薬局の漢方は高い!とよく言われています。

確かに保険が効かないので病院の処方箋などと比べると高額な印象に鳴ると思います。

しかし病院での体外受精などは一回で50万~70万円、あるいはそれ以上費用がかかります。

最終的にそこまでの治療を必要とする・しないは考えながら進む事にしても、その前に漢方で体質改善を試みてほしいと思います。

 

当店の不妊漢方相談では、一番多い価格帯は3万円前後/月です。

どこかのホームページで薬局漢方の相場は3万円から8万円と書いてありましたので、相場から考えても当店は安い方に入ります。

 

また当店では最初から一か月分をお渡しは致しません。

まずは2週間分くらいから様子を見ながら服用を始めます。

 

不妊に効果があるといわれる健康食品やサプリメントなども、実は漢方薬と比べると割高です。

サプリメントだけで2万円を超えるような方の話も時々お聞きします。

 

何よりも大切なことは「あなたの体がその成分を必要としているかどうか」という事です。

普段の食事で間に合っており不足していない成分を摂取しても期待する結果は得られません。

食事でビタミンCが十分足りている人は、ビタミンCのサプリを大量にとっても効果ないのです。

 

中医学漢方はあなたの体に合う漢方薬を選ぶ事ができるので無駄がありません。

体質改善効果が出てくれば自然妊娠の確率も、病院での不妊治療の成功率も必ず上がります。


メリット3.妊娠前も妊娠中も、体調に合わせた細かいサポートができます

 

中医学漢方はお客様の体質や症状、目指す目的に合わせる事ができます。

簡単に言えば行き詰る事があまりありません。

必ず全ての人に、その方の体のトラブルにぴったり合う、あなたを助ける事ができる漢方薬があるはずです。

 

そのぴったり合う漢方薬を探す方法を 「弁証論治」 といいますが、漢方相談では毎回必ずこの「弁証論治」を行います。

弁証論治は、お医者さんで言えば「診察」にあたります。

どこにどういったトラブルが隠れていて、現状を引き起こしている体質の崩れは何なのか?

きちんと弁証論治が出来れば原因がはっきりします。

原因がはっきりすれば対応方法もおのずと見えてきます。

 

たとえば女性のお客様が来られた時に、何も確認せずに当帰芍薬散や加味逍遥散を渡す。

これは全く弁証論治を行っていません。

それでも漢方薬は治療効果が広いのである程度の効果がありますが、ぴったりと合うようには行かないものです。

きちんと合う漢方薬を選べる方であれば、なぜその漢方薬を選んだのか、その方にどういったトラブルがあるのかを分かるように説明できます。

相談の継続でその方の体質が分かってきますので、妊娠できた後も、必要であれば元気な赤ちゃんを産むまで、あるいはその後母子ともに健康に生活できるよう十分なサポートができます。

 

出産前からの体質改善に始まり、妊娠中の風邪や、出産後の失調であっても、あるいは更年期、老後まで、健康に関することであればどんなに些細な事でもお客様にあわせた提案が出来る。

 

中医学不妊相談は個人個人に合わせた医療が必ず行える不妊対策です。