子宮内膜症

子宮内膜症について

子宮内膜症が発生する機序についてはよくわかっていません。

一説には子宮内膜組織が生理の際などに卵管を逆流、卵巣や卵管など子宮以外の部位に漂着・増殖する病気と考えられています。

 

子宮内膜症が最も多く起こるのは卵巣、他にダグラス窩・仙骨子宮靭帯・膀胱子宮窩など。

しかし腹腔はもちろん、横隔膜を超えて肺や口腔、はては鼻の粘膜などまで飛んで発症する例もあります。

 

子宮内膜が子宮外に出て活動を行い、出血・炎症などを起こしているものを「子宮内膜症」

 

子宮を覆う筋肉である子宮筋層内に子宮内膜が浸潤した病変を「子宮腺筋症」

 

卵巣内に子宮内膜組織が発症し、卵巣内に血液が溜まり卵巣が大きく腫れてくる病変をチョコレート嚢腫(のうしゅ)」と呼んでいます。

子宮内膜症の症状

子宮内膜組織は子宮外でも月経周期に合わせ増殖や剥離を行います。

そして子宮内膜症の進行に伴い様々な症状を引き起こします。

子宮内膜症症状で特徴的なものを記載します。

 

☑ 強い生理痛

☑ 過多月経/生理がダラダラ長期間続く

☑ 経血の色が暗赤色〜黒い色になる

☑ 不正出血

☑ おりものに出血が交じる/茶オリが頻繁に出る

☑ 性交痛

 

子宮内膜症になると生理のたびに痛みが強くなります。

鎮痛剤などによる止痛効果は弱く、腹痛だけでなく肛門や下腹部の方まで痛みが放散していきます。

この腹痛は生理時以外にも排卵期に痛む事もあります。

基礎体温を見ると生理が来てもあまり体温が下がりません。

低温期層まで下がるのは生理が終わる頃に来てからです。

生理も一回の出血量が多く、不正出血も頻繁になると慢性的な貧血を呈するほどになります。 

 

心当たりがある場合は漢方相談中でも一度専門医の受診をお願いしています。


子宮内膜症に対する中医学漢方利用のメリット

メリット① 炎症を抑えつつ不妊に対するアピールが出来ます。 

中医学的には子宮内膜症は瘀血や気滞などの「実証」と、血虚や陽虚などの「虚証」が混在する「虚実夾雑症」と考えられています。

店頭のご相談では実証と虚証の両方に手を入れていきますが、お客様の症状に合わせてどちらにウェイトを置くのかがポイントになります。

 

子宮内膜症による痛みや不正出血が強いようであればまず実証に対する漢方を。

冷えや下痢、貧血などの虚証が強いようなら虚証の改善を行う漢方を優先します。

 

血流を改善し子宮内膜の状態を整え、癒着や卵巣の腫れ、瘀血の度合いや子宮周辺の冷えの解消など。

その方の状態に合わせて対応を進めていきます。

 

漢方での子宮内膜症治療では、生理を安定した状態に改善しながら子宮内膜症とそれに関連する症状(生理痛や不正出血、基礎体温のムラが大きい状態や下肢の強い冷えなど)を整えることが可能です。

治療と同時に子宝への体質改善を進めて行くことができるのです。

 

メリット② 痛みに対してしっかり効きます。 

痛みに関しては2〜3周期、子宮内膜の状態や不正出血に関しても3周期前後で大体整います。

癒着による両側卵管閉塞や卵管采のトラブルがなければ、この時点で自然妊娠の希望も出てきます。

 

体質に合う漢方薬で症状の改善ができたら、生活習慣の改善にも着目します。

疲労、寝不足、ストレス、プールなどで体を冷やしてしまうと、痛みを中心とする症状が再燃することがあります。

良い状態を続けてキープしていくためには、漢方薬だけでなく生活習慣の見直しが絶対に必要になります。

 

メリット③ 弱っている体質を改善することで子宮内膜症の再燃を予防できます。

子宮内膜症の起因要因になっている体質と、生活習慣の改善を図るのが山崎薬局の子宮内膜症相談です。

症状がほとんどなくなった後は、最低限の自分を良い状態に保てる漢方薬を続けて頂ければ子宮内膜症の再燃は予防できています。

普段より自分の体質を把握しましょう。

疲れや冷えで何かの症状が出る方は、必要以上に疲れたり冷えたりしてはいけないのです。

症状の悪化につながるような習慣さえ留意して頂ければ子宮内膜症はコントロール可能な疾患です。

子宮内膜症の漢方 まとめ

個人的には不妊相談の方で子宮内膜症併発であれば、痛みなどの症状をまず早い段階で改善したらたとえまだ内膜症の症状が残っていても子宝を優先した方が良いと考えています。

 

出産に伴い、この内膜症関連の症状が劇的に改善する事があると言われています。

 

いずれにせよ強い生理痛や出血過多など気になる症状がある方は最初に子宮内膜症の検査をされる事をお奨めいたします。

 

もし検査で子宮内膜症があった場合、病院では手術を除けばピルを利用して生理を止める選択肢しかありません。

しかしピルで生理を止めてしまっては子宝を得ることができません。

無理矢理に排卵誘発剤や黄体ホルモン補助材を使っても痛みや腫れはひどくなるばかりです。

 

漢方であれば症状の改善をしつつ生理周期や体調を整えていくことが可能です

 

子宮内膜症併発で子宝の希望があるなら、まずは漢方相談を強くオススメします。

炎症や腫れが引けば、病院の治療もスムーズに進められます。

最後まで漢方で妊娠を目指さずとも、漢方と西洋医学的な治療をうまく併用していただくのが理想的です。