子宮筋腫

子宮筋腫の分類

子宮筋腫は、子宮にできる良性の腫瘍です。

性成熟期の女性(20代〜40代)の多くは複数軽度の子宮筋腫を持つと言われています。

 

西洋医学的には子宮筋腫の原因は不明です。

女性ホルモンの影響で筋腫が発育していくと考えられ生理のたびに大きくなっていく傾向があります。

 

子宮筋腫は、発生する場所によって大きく3つのタイプに分けられます。

最も多い 「筋層内筋腫」

次に 「漿膜下筋腫」

最後に 「粘膜下筋腫」 です。

極まれに、子宮頸部にできる事もあります。

筋層内筋腫

 子宮の筋肉の中で筋腫が大きくなっていくタイプです。

筋腫の成長に伴い子宮内側を覆う子宮内膜が引き伸ばされ月経痛や月経時の出血が多くなります。

また下腹部を触ると硬いしこりが感じられる事もあります。 

漿膜下筋腫

 子宮の筋肉の外側にある膜(漿膜)にできる筋腫です。

子宮の外側で大きくなるので大きくなっても症状を自覚しにくいタイプの筋腫です。

外から触れて分かるほど大きくなっても痛みや月経血などに異常が出にくく検査するまで気付かない事があります。

粘膜下筋腫

 子宮の一番内側の膜=子宮内膜にできる筋腫です。

発生率は少ないですが貧血症状は最もはっきり現れ、不妊症に確実に絡む筋腫です。

筋腫がまだ小さくても過多月経や不正出血があります。

生理痛も強く現れる傾向が強い筋腫です。


子宮筋腫の代表的な症状と漢方

子宮筋腫をお持ちの方が自覚する代表的な症状としては

 

月経過多

月経時に大きなレバー状の塊が出る

時々不正出血する事がある

おりものが黄色っぽい、においが強い

尿失禁や頻尿を自覚する

 

などがあります

子宮筋腫の種類によっては強い生理痛や排卵痛を感じる方もいらっしゃいます。

中医学では子宮筋腫の原因として

瘀血(血流の滞り)」

気滞(気の巡りの滞り)」

寒凝胞宮(強い冷えが子宮にある)」

などを考えています。

 

したがって漢方薬としては

活血化瘀(血流を良くし血瘀を改善)」

疏肝理気薬(肝の気の巡りを整える)」

温経散寒薬(冷えを散らし子宮を温める)」

などの漢方薬を中心に考えます。

 

あまりにも成長した子宮筋腫に対しては瘀血の塊を崩していく力を持つ生薬を追加することもあります。


子宮筋腫の漢方 まとめ

病院での子宮筋腫の手術は結果が早く生理痛や過多出血を早期に改善できるメリットがあります。

反面、筋腫を作った原因体質の治療にはならず、治療後も子宮筋腫を繰り返すデメリットがあります。

 

漢方薬での子宮筋腫の対応は子宮筋腫を作ってしまった体質的なトラブルを改善していきます。

3cm以下程度の小さな筋腫であれば不妊相談をしているうちに消えてしまうこともあり症状が軽い方にはメリットは大きいと思います。

 

一方で4cm以上の大きな筋腫になると、漢方薬のみで縮小するためには相応の時間が必要です。

山崎薬局にも子宮筋腫に対応しつつ不妊のご相談に来られるお客様は多くいらっしゃいます。

子宮筋腫が4cm以上の大きさの場合、あるいは痛みや出血症状が激しいなどの場合は、オペを優先した方が良いとアドバイスしています。

 

筋腫のオペを受ければ子宮の傷が完全に癒えるまで半年は妊活はできなくなるものとは思います。 

近い将来妊娠をご希望している方にとっては子宮の手術は極力避けてほしいと思います。

西洋医学の外科的な治療と漢方的な体質改善から得られる治療効果、それぞれのメリット、デメリットを踏まえて改善に望んで頂きたいと思います。

病院でのホルモン剤、手術などでお悩みなら、ぜひ一度山崎薬局でご相談ください。