子宮腺筋症

子宮腺筋症について

子宮の筋肉”子宮筋層”の中に子宮内膜が浸潤。

月経周期に合わせて、浸潤した子宮内膜が活動し子宮筋層内に炎症を主体とするトラブルを起こす病態を「子宮腺筋症」といいます。

 

好発年齢は30代~40代。

 

月経を重ねる度に痛みが増悪、生理の出血量が増え出血期間・痛い期間の延長が伴います。

 

月経時あるいは排卵時に下腹部に強い痛みが起きる事もあります。

 

また子宮の筋肉が厚くなってくるためにエコーで確認すると子宮が丸く大きくなります。

 

痛みの悪化要因としては寒冷・疲労、特にストレスなどが上げられます。

子宮腺筋症の漢方相談

当薬局の漢方相談ではどんな状態の子宮腺筋症であっても、まず炎症を抑える漢方を使います。

炎症を抑え、子宮全体の血流を改善し、子宮を中心に下腹全体を温める事で免疫の力を回復します。

また子宮内膜症の痛みの程度や不正出血などにも注意しながら、血流の滞りを解消し筋肉の肥厚を改善していきます。

 

ただ子宮腺筋症に対し根治的な改善は難しいものがあります。

どんなに時間とお金をかけても病巣が消えるような回復はまずありません。

 

子宮内膜症に対しては症状を普段全く支障がないほどに改善し、以降は最低限の漢方薬を利用頂く事で症状のコントロールを行います。

生理や排卵時のひどい痛み・出血量の増加や生理期間の延長・周期ごとに現れる様々な全身の症状… 

さらに言えば不妊治療中にホルモン剤の利用で悪化していく状態に対しても改善効果は期待できます。 


子宮腺筋症と不妊治療 漢方利用のメリット

炎症を抑え生理を整える事ができます。

子宮腺筋症に対する中医学漢方の最大のメリットが「無理なく子宮腺筋症の症状を抑えながら不妊治療を進められる事」ではないでしょうか。

排卵痛や生理痛を抑える事はもちろん、生理の量が過多になっている状態の改善も同時にできます。

痛みや出血量が減るという事は体の消耗が少なくなりますので普段の生活の質が向上する事にもつながってきます。

子宮や卵巣の炎症は、特に下半身の冷えとも密接に関係します。

お腹の症状だけでなく、ひどい冷えやしびれ、不眠なども解消できることが多いです。

不妊治療中も子宮腺筋症の進行を抑える事が可能です。

店頭では「並行して病院で治療を行ってよいか」という質問をよく受けます。

もちろん大丈夫です。

病院で処方を受けたお薬の名前を教えて頂ければ併用して服用できる漢方薬をお渡ししております。

そして前述したように子宮腺筋症は病院のホルモン剤を利用していると炎症=症状が進んでいってしまう病気でもあります。

ここで中医学漢方との併用を行う事で、出来得る限り腺筋症の症状を抑えつつ人工授精や体外受精を進めていく事も可能です。

妊娠後もフォローが可能です。

 

子宮腺筋症のお客様は月経過多や生理痛・排卵痛が激しい事から、無事妊娠できた後も流産を始めトラブルに対する不安を長く抱える傾向が強いように思います。

基本的に妊娠できたら自身で普段から生活を正しておいてもらえれば何も飲まなくても健康維持・無事元気な赤ちゃんを出産できるものと考えてはいます。

しかし健康に対する不安感が大きく、自分の体調に神経質な状態に陥りやすいのも妊娠初期の精神状態としてはありがちです。

なので山崎薬局では妊娠頂いた後でも不安感が大きければお話だけでも店頭でさせて頂いてはおります。

必要があれば妊娠中でも飲める漢方薬をご紹介致しますし、安心して妊娠期間をお過ごし頂けるよう全力でフォローさせて頂いております。


子宮腺筋症の漢方 まとめ

子宮腺筋症は不妊治療とは犬猿の仲です。

どちらかの治療を優先すればもう片方が悪化するという関係です。

病院の不妊治療を受けていらっしゃる方の中にはその症状の激しさに不安感や恐怖を抱いている方すらいらっしゃいます。

 

漢方による炎症の改善、症状の回復は子宮腺筋症をお持ちの方には本当に助けになるものと私は考えます。

その改善の速さは人それぞれですが、妊娠前に子宮腺筋症が完全に治るまでに至った方もいらっしゃいます。

不妊治療をしていて、毎回生理が来ると消炎鎮痛剤がないと不安になってしまう、手放せないという方には絶対オススメです。

 

一方で病院のピルにより一時的に生理を止める子宮腺筋症の治療は、治療を行った方全員ではありませんが効果が非常に高い方もいます。

しかし生理を止める事で不妊治療とは平行に行えませんし、生理再開時に不順になる事もあります。

また最近ではピルで生理を止めるよりも妊娠希望であれば早く妊娠・出産を行った方が良いという論文も発表されています。

 

漢方による子宮腺筋症の対応は、ほとんどの方に負担をかけず一定の効果を得る事が可能です。

不妊治療中にも漢方の対応を併用頂く事で基礎体温が安定・排卵や生理に伴う苦痛を解消することが可能です。 

病院で不妊治療の際に用いるホルモン剤と併用してもおよそ正常な状態をキープする事ができます。

 

子宮腺筋症の方に対する病院の不妊治療と漢方的なアプローチ、どちらも一長一短を持っています。 

子宮腺筋症の状態にもよりますが、病院の不妊治療と漢方による子宮腺筋症の対応は並行で行う事が理想的な場合もあります。

子宮腺筋症に対して、不妊治療中の子宮腺筋症の対応として、ぜひ漢方を考えてみて下さい。