子宮腺筋症

子宮腺筋症は店頭で子宝相談をしていると遭遇する率の高い疾患の一つです。

子宮筋層内に炎症が慢性的にありますので炎症部位周辺を起点に少しずつ子宮が丸く大きく変形をしてきます。

ご来局時点での症状は、痛みが相当強い方からあまり自覚できる症状はない方まで様々です。


子宮腺筋症に関する病院の不妊治療

子宮腺筋症は病院で不妊治療を行っている方が遭遇するトラブルの中では最もつらい症状ではないかと思います。

西洋医学的には子宮内膜症や腺筋症の治療は外科的に切除オペを行うか、ピルで一度生理を止める方法が主流です。

しかし不妊治療中に生理を止めるわけにも行きません。

また生理を一時的に止めたからと言って必ずしも状態の改善が計られるとは限らず、人によっては生理再開時に

不妊治療期間中、疾患の治療は基本的に行えないのです。

 

一方で排卵誘発剤をはじめとするホルモン剤の内服剤・注射は、子宮腺筋症にはあまり良い効果を持っておらず、不妊治療を続けていく中でまず間違いなく子宮腺筋症は悪化します

 

炎症が悪化してくると、特に生理痛や排卵痛がひどくなってきます。

子宮腺筋症が悪化してくると卵巣の状態も悪化してきます。

生理の出血量も異常に多くなってくることがあります。

卵胞の育ちが悪くなったり、黄体機能不全で低温期と高温期の体温差があまりなくなってしまう事が頻発してきます。

最終的に相当状態がひどくなった時点で低刺激療法主体の体外受精治療を行うという選択肢になります。

しかし、もうこの時すでに子宮も卵巣も相当に疲弊状態です。

低刺激だから、体外だから、で治療を行ってもこの状態からすぐに結果が出せるはずもありません。

結局卵巣を一定期間休ませて、再度同じことを繰り返す事になっていきます。


子宮腺筋症と不妊治療 中医学漢方利用のメリット

メリット① 炎症を抑えながら生理を整えることが出来ます。

 

子宮腺筋症に対する中医学漢方の最大のメリットが「無理なく子宮腺筋症の症状を抑えながら不妊治療を進められる事」ではないでしょうか。

排卵痛や生理痛を抑える事はもちろん、生理の量が過多になっている状態の改善も同時にできます。

痛みや出血量が減るという事は体の消耗が少なくなりますので普段の生活の質が向上する事にもつながってきます。

子宮や卵巣の炎症は、特に下半身の冷えとも密接に関係します。

お腹の症状だけでなく、ひどい冷えやしびれ、不眠なども解消できることが多いです。

 

メリット② 病院の不妊治療の併用で子宮腺筋症の進行を抑えることが可能です。

 

店頭では「並行して病院で治療を行ってよいか」という質問をよく受けます。

もちろん大丈夫です。

病院で処方を受けたお薬の名前を教えて頂ければ併用して服用できる漢方薬をお渡ししております。

そして前述したように子宮腺筋症は病院のホルモン剤を利用していると炎症=症状が進んでいってしまう病気でもあります。

ここで中医学漢方との併用を行う事で、出来得る限り腺筋症の症状を抑えつつ人工授精や体外受精を進めていく事も可能です。

 

メリット③ 妊娠後も体質にあった漢方薬で出産までフォローが可能です。

 

子宮腺筋症のお客様は月経過多や生理痛・排卵痛が激しい事から、無事妊娠できた後も流産を始めトラブルに対する不安を長く抱える傾向が強いように思います。

基本的に妊娠できたら自身で普段から生活を正しておいてもらえれば何も飲まなくても健康維持・無事元気な赤ちゃんを出産できるものと考えてはいます。

しかし健康に対する不安感が大きく、自分の体調に神経質な状態に陥りやすいのも妊娠初期の精神状態としてはありがちです。

なので山崎薬局では妊娠頂いた後でも不安感が大きければお話だけでも店頭でさせて頂いてはおります。

必要があれば妊娠中でも飲める漢方薬をご紹介致しますし、安心して妊娠期間をお過ごし頂けるよう全力でフォローさせて頂いております。


子宮腺筋症のまとめ

子宮腺筋症は不妊治療とは犬猿の仲です。

どちらかの治療を優先すればもう片方が悪化するという関係です。

子宮腺筋症がないから不妊治療が楽ということではありませんが、体の消耗度にしても、伴う症状の激しさにしても、ない方が確実に体調は管理しやすいものと思います。

病院の不妊治療を受けていらっしゃる方の中にはその症状の激しさに不安感や恐怖を抱いている方がたくさんいらっしゃいます。

 

漢方による炎症の改善、症状の回復は子宮腺筋症のかたには本当に助けになるものと私は考えます。

その改善の速さは人それぞれ、という表現になりますが、妊娠前に子宮腺筋症が完全に治るまでに至った(とお医者さんに言われたそうです。)方もいらっしゃいます。

不妊治療をしていて、毎回生理が来ると消炎鎮痛剤がないと不安になってしまう、手放せないという方には絶対オススメしたい方法です。

ぜひ中医学漢方をお試しになってみて下さい。