· 

バランスの良い食事

大切な健康は日々の食事から

不妊治療のご相談の中で、よく話題になるのが食事です。

食事は体を作る材料。

私達の体は毎日の食べたものと空気中の酸素などのエネルギーからできています。

 

食べているものが長期に渡り雑であれば、体力・代謝は低下、内臓機能も低下、病気がちで弱い体になってしまっても仕方ありません。

逆にバランスの良い健康的な食事が毎日三食約束されれば、お薬などなくても血圧もコレステロールも血糖値も尿酸値も、肌質や体重、性格・器量に至るまで良い状態がキープできることと思います。

 

 

「毎日一〜二食しか食べてない」という方。

疲れて仕方ないからなにか漢方ありませんか?と言われても、まず三食食べましょうとしか言えませんよ。

 

 

 

そして食事で大事なのはバランスです。

勘違いしないでほしいのは、朝から一杯食べてねと言っているわけではない事です。

 

例えばの話…

 朝は時間がないので食べないか食べてもヨーグルトやバナナだけ。

 昼は麺系あるいは菓子パン系。

 夜はとても軽くして肉やご飯は少しだけ。

 

上記すべて、あるいはどれか一つに引っかかる部分はありませんか?

 

一つでも引っかかったら、これはアウトです。

この食事に一つでも心当たりがあるならそれは絶対に改善したほうが良いポイントです。

 

三食にはそれぞれ意味があります。

大まかに言って

 朝は活動を始めるためのエンジンを始動する役割。

 昼は夕方まで活動するためのエネルギー。

 夜は血肉やホルモンの材料になっていきます。

 

朝から冷たいものだけではエンジンは掛からず、お腹も一日ヒンヤリしたままです。

昼を軽めにしては夕方眠気や貧血症状、足が非常にむくんでしまっても仕方ありません。

夜を少なめにしては十分な気血は出来ません。

起床時に疲れが取れない、卵子が中々育たない、布団の中で冷えて眠れない。

 

様々な支障が食事の不摂生から生じます。

客観的に自分の食事を見直して頂ければ、「これではいけないな」というのはご自身でもわかると思います。

 

内容的なものはこの際おいておきます。

細かくこんなものが良いと言われても中々続けることは大変です。

 

ポイントとしてお伝えしたいのは

 

○ 朝一番は必ず温かいものを飲みましょう。

できればスープかネギを刻んで入れたお味噌汁が良いです。

 

○ 昼はできれば自分でお弁当を持参するか和食の定食がおすすめです

間違っても菓子パンやインスタントラーメンで済まさないで下さい。

 

○ 夜は少量の炭水化物としっかりタンパク質、そして食物繊維を撮って下さい。

寝ている間に血肉の材料と体を動かすエネルギーになります。

また寝ている間に腸を動かすためにも食物繊維は必要です。

 

食事の時間も出来る限り規則正しくしていただくと、腸の動きや体のリズムを作るのにとても良いです。

スーパーフードやサプリの類は一切いりません。

まずは自分で出来る事からコツコツと始めてみましょう。